(1)ショートフェルール

勘合部が11mmのブラス製HARIKI-FERRULEを使用

勘合はほぼ完璧でストレスなく抜き差しできる。

黒染め液でガイドのカラーに合わせてブルーイング

フェルール部の巻き糸は濃い赤。


(2)ストリッピングガイド

黒染めのミルドラムでも良いかなと思ったけれど

今回はSICチタンフットを使ってみた。

これはこれで悪くない。

スレッドは90番のシルクでディープイエローを

フットの長さより少し短かめにラッピング。


(3)フックキーパー&グリップ

こちらもアルミ製の葉巻ケースをそのままグリップに。

印刷面の保護のため、全体をエポキシでコーティング。

ブランクとの隙間は集積コルクのテープで埋めてある。


(4)リールシート

グリップに使用したシガーケースがかなり細身なので

それに合わせて作ったリールシート。

フィラーはオーバルで約15mm径。

キャップ&リングはニッケルシルバーを削り出し

ブルーイングしてあります。


市販のソリッドグラスはトップが非常に繊細なので

そのままではフライロッドとして使うのが難しい。

そこで負荷に応じて全体を曲がりやすくするために

ブランクを回しながらサンドペーパーで削りテーパーを

出していくのだが、御存じのようにグラス繊維は

あまり体にいいとは言えない代物。フィルター付きの

掃除機を回しっぱなしにしての作業となります。

アクションをうまく出すコツはバット部の

フェルール下をストレート気味にして曲がりやすく

してやる事です。今回のロッドはティップ部にも1ケ所

ストレスポイントを設けてあります。

back