in my vest

*

ZEISS MiniQuick 5X10T*

........................................

全長113mm、5X10T(レンズ径10mm)の小さなテレスコープだが非常にシャープで明るい。もちろんフォーカスリングもついており、ライズフォームの観察には欠かせない小物になっている。この手の単眼鏡は対物レンズ側から覗くとルーペとしても使え、水生昆虫マニアにもお勧めである。フライの届く範囲でならトラウト達が何を捕食しているのかまで見えてしまう、、、そう考えただけでもう買いですよね。^^;結構高い買い物でしたけど、満足しています。


LITTLE HORN

........................

ブレイド長65mmのフォ−ルディングナイフ。購入時には魚をさばく為のものだったこのナイフも、現在はサラミやパン、フルーツを切るのに使用するくらいでそれほど出番は多くない。ラブレスのデザインをジェス.ホーンが製作したもので、マイカルタハンドルのシンプルなデザインがとても気に入って購入。バゲットにチーズ、ワインを持って釣りに出かけたくなりませんか?

NAIL SCISSORS

........................

ゾ−リンゲン製の甘皮用クリッパー。ティペットはもちろん、長めに取り付けたCDCウイングやパラシュートポストやハックルなど1本単位で確実にカットできる。故芦沢さんがベストにぶら下げていたリンドストローム社のマイクロニッパーも良いけれど、軽さ、使いやすさの点ではやはりこちらに軍配をあげたい。現場でフライをチューニングする人、必携ですよ。

FOR ALCOHLIC DRINKS

...................................

水温計。本来はケースを見ていただいても分かるように、ワインやシャンパンの温度を計るためのものである。デジタルのように素早く正確にと言うわけにはいかない。なかなかに時間も掛かれば友人の持っている水温計とだってかなり誤差があったりする。しかし、少しの手間を要求してくるあたりが何とも可愛いのだ。「まあ、焦らずに行こうぜ大将、2、3度の違いくらい気にすんなって。俺は呑んベぇに合わせてるんだから、、。」とは本人の弁。

EMERGENCY CALL

...........................

緊急用。遭難時に自分の位置を知らせるための笛で、人間の可聴範囲で遠くまで届く音域を採用しているらしい。谿筋では流れの音のせいで、少し離れただけでも呼び声が聴こえなくなるが、これがあれば集合の時間を守らない釣り人を遠くから呼び戻す事ができる。あらかじめ合図を決めておけば簡単な通信も可能だ。

Katadyn Mini Ceramic

..........................

携帯用の浄水器。下の収納袋のサイズが240mmX135mm。収納時の概寸で18cmX8cm

厚みが4cm程度と非常にコンパクトである。これを使えば現在知られている最小のバクテリアさえも除去出来るとの事。そうです、渓流の水がそのまま飲めるんです。小さなカップ代わりに使えるボトルと一緒に持ち歩けば、天然のミネラルウォーターが飲み放題。トロフィーサイズを釣った場所の水にスコッチを入れて乾杯なんてことが出来てしまう。重量も普段持ち歩いているペットボトル入りのお茶(小さい方ですよ)よりはずっと軽いし、何よりもこれでまた愉しみが一つ増えるというのが嬉しいですね。

NALGENE

.......................

アメリカ、NALGENE社製のプラスティックボトル。もともと研究用業務規格品を作っていた関係で純度の高い原料と品質管理には定評がある会社ですね。水筒としてはLEXAN(ポリカーボネート)製のカラーボトルが広く出回っていますが、こちらはより業務筋っぽい感じのHDPE製(高密度ポリエチレン)のボトル。アルコールを入れるのには適しませんが、丈夫でカップとして使うには丁度良いサイズです。上で紹介した浄水器とセットで持ち歩いています。濾過した渓流の水を持ち帰って作るハーフ&ハーフの水割りは絶品ですよ。

back.....next