.

    hook=#18
    thread=16/0
    tail=CDL hen
    abdomen=thread
    rib=fine wire
    thorax=camel
    wing=chickabou
    ドライマテリアルメーカーで処理したチカブーウイングは繊毛に気泡をためこみ、エルク並みの浮力を持つ。CDCに比べてマテリアルに腰があるため、カチッとしたシルエットが作りやすい。

.

    hook=#18
    thread=16/0
    tail=CDL
    abdomen=thread
    wing=CDL hen
    over wing=moose
    thorax=camel
    テールとウイングが90度にディバイドされたシンプルでシルエットの小さなダンパターン。マテリアルが少なく、撥水加工してあるので案外浮力にも優れている。

.

    hook=#12
    thread=16/0
    tail=CDL hen
    abdomen=turkey biot
    over body=CDC
    rib=fine wire
    thorax=camel
    wing=chickabou
    ナミヒラタのハッチに。撥水処理したウイングはダウンクロスでドラッグをかけてフィーディングレーンに引き戻す方法が効果的。

.

    hook=#20
    thread=16/0
    tail=CDL hen
    abdomen=thread
    rib=fine wire
    thorax=camel
    wing/ indicator=CDC
    フタバコカゲロウ(水中羽化)のフローティングイマージャー。テール、アブドメンにはシンクドレッシングを施して使用。ソラックス部のタイイングは、リアウイングの長さに取り付けたCDCの上からダビングし、数本両サイドにCDCを残す形で折り返してウイングケースに。残りのCDCバット部と合わせてインジケーターの長さ分をカットして完成。

.

    hook=#16
    thread=16/0
    shuck=zelon
    abdomen=moose
    rib=fine wire
    wing=under wrap tape thorax=camel
    indicator=cdc
    コカゲロウのイマージングパターン。水面からアブドメンがぶら下がるパターンは渋いライズにも効果大。シュリンクウイングは一旦ウイングの形にカットしたアンダーラップテープを捩ってから取り付け、マーカーで染色してある。

.

    hook=#14
    thread=16/0
    shuck=marabou
    abdomen=turkey
    rib=ultra wire
    thorax=camel
    wing=air veil web
    アブドメンを巻いたターキーとリブのワイヤーの残りをポストに、エアベールウェブをパラシュートハックルのように水平に巻き付け、最期にポストを前に倒してヘッドで固定する。早瀬で使用するときは視認性を高めるために、ダビングをかき出してウイングのボリュームアップも可能だ。

    hook=#23
    thread=16/0
    tail=CDL
    body=thread
    hackle=CDL
    indicator=CDC cream
    もともとはガガンボ対策に作ったパターンだが、スレ鱒に非常に効果的。止水に近いようなフラットなプールで、何度もこれでないと反応しないといった場面に遭遇している。

back