mayfly / caddis / stonefly


    hook=#18
    thread=16/0
    tail=moose
    abdomen=moose
    rib=fine wire
    wing=mesh
    thorax=rabbit(black)
    コカゲロウのスピナーパターンとして常備している。ウイングに使用しているのは台所用の水きりネット。ウイングの角度、シルエットを簡単に変えられるのでハッチの状況に応じた使い方が出来る。スプレータイプのフロータントを使用してやれば流速のある場所でも使えるが、基本的にスリックウオーター用。ヘンリーズフォークでもその効果は実証済み。
    hook=#20
    thread=16/0
    tail=Coq de Leon(ash grey)
    abdomen=turkey
    rib=fine wire
    wing=mesh
    thorax=krystal dub
     最後の切り札がフェザントテールニンフという人が増えたので、、、。サイトフィッシングで沈めて使う事がほとんどだけど、ベタ浮きで使っても結構いけます。
    hook=#12
    thread=16/0
    tail=moose
    abdomen=turkey+CDC
    rib=fine wire
    wing=Coq de Leon
    thorax=camel
    indicator=CDC
    ウイングにコックドレオンを使用した、繊細なパターン。アブドメンの上部のCDCは浮力をかせぐのと、カゲロウの下腹面の明るい色見を強調するのにも役立っている。

    hook=#16
    thread=16/0
    shuck=g-pheasant crest
    abdomen=turkey+CDC
    rib=fine wire
    wing=coastal deer
    thorax=camel
    上のパターンのバリエーション。シャックはサーモンフライのトッピングに用いられるゴールデンフェザントのクレストを使用。ここ2〜3年テストしているがシンセティックと比較してもさほど効果に変わりが無いように思う。ウイングは正面から見ると180°に開いており、水面での安定性もある。

    hook=#18
    thread=16/0
    shuck=GP crest
    abdomen=turkey
    rib=fine wire
    wing&indicator=CDC
    thorax=camel
    hackle=blue dun
    ハンピーをより繊細に巻くとこうなるといった感じのパターン。シャックから伸びたウイングにより、水面に貼り付くように浮く。
    hook=#14
    thread=ultra fine thread
    shuck=zelon
    body=turkey
    rib=fine wire
    wing=CDC+elk
    上の写真と見比べていただくと良くわかると思うのだが、トランジショナルなMSCといった感じで使えるパターン。CDCはアイ側で再度折り返す。この場合エルクはインジケーターの役割なので下から見て目立たない長さに取り付ける。エルクやディアなどを巻き止める時は、撚りが少なくてある程度の幅があるウルトラファインスレッドがおすすめ。

next back