フライフィッシングはいかにして魚を騙すかである

というわけで扉には我が家の庭に出没するタヌキ君に御登場願った

知識が増えれば必要なものは少なくなるはず

しかしながら、この項で述べる内容はどうやらそれとは正反対

上の英文は自戒の意をこめて、、、


1

気難しいと言われる魚も相手がこちらの存在に気付かなければ、案外簡単に釣れてしまうものである。釣りの基本はやはりストーキング。こっそり近付いて一投で決めるのだ。技術に自信がある人は遠くから相手に気付かれないようにメジャリングし、プレゼンテーションで方向を変えながら同時にティペット、リーダー、ラインの落とす位置を決めて魚の定位するわずか上流にやさしくフライを落とす。どっちの確率が高いと思いますか?ふん、自己満足だから確率の問題ではないと、、確かに。


2

フィッシュウインドゥから見える角度を体で覚えておく事が大切。浅瀬に居る魚に立ったまま近付いて、どのくらいの距離で彼等がスプークするか実験してみるといい。魚がダッシュした時の水面との角度。その距離を保ってキャストする。もっと近付きたいのなら背を低くすればいい。一方では釣り人自らがプレッシャーをかけて、それでもあらゆるテクニックを駆使して釣り上げるのが楽しいという考え方もある。そうすると釣れない方法が満足度が高いという事なのか、、ふむ。


3

ドラッグには2種類ある。釣れるのとそうで無いやつ(笑)。ナチュラルドリフトとは言ってもフライがティペットに繋がってるかぎり、目に見えないドラッグは発生している。フライだけを自然に流そうとするとティペットを細く、長くするのが一番簡単な方法かもしれない。ティペット、リーダーにかかる微細なドラッグを利用しながら全体を水に馴染ませて流すのもまた一つの解決法になる。要はドラッグを否定するのではなく、味方につければいいという事だ。フラッタリング、レイズィングリフト、ターン、スウィング、リトリーブ等の言葉は釣り人側が意図的にドラッグを作り出したときの呼び名である。状況に応じて流れを読み、それをうまく利用する事ができれば、あなたもドラッグフリーの呪縛から逃れる事が出来る。

4

魚はティペットを本当に見ているのか?答はYESでもありNOでもある。ストマックを採ってみると彼等の食生活は実に多彩で、どちらかと言えば悪食に近いというのが分る。藻のかけらや樹の切れ端などは繊維質を欲して食べたものでは無いだろうし、時折ティペットの結び目やマーカーを喰わえて見せるのもまた、人間をおちょくってやろうなんて考えた上での行動ではない筈、、。普段通りの食事なら簡単に騙せるというわけだ。1投目が大切なのはマッチザハッチでも釣り上りのフリーストーンでも同じである。こちらの存在に気付かれた瞬間からティペットはあらゆる形で意識される事になる。水面に出来るライトパターン、水底に映る影、ドラッグ、毛鈎の落ちてくるスピード、捕食の際の抵抗など、、。どうすれば見破られずにすむのか。簡単で確実な方法が一つある。何度も投げてみるのは頭の中だけでやることである。

今使っているタックルのバランスをもう一度考えてみよう。9ft#3のグラファイトロッドと6ft#3のバンブーで同じリーダーシステムを使う人は居ないと思うが、同じ長さのロッドではどうだろうか?ロッドのテーパーや素材によって反発の早さ/強さが違うし、使用するラインの形状によってもターン性能は変わってくる。最近は、規格は守っていても随分テーパー構成の違うラインが増えているので尚更である。それぞれのタックルに合ったバランスのリーダーが欲しいのなら、多少の手間は厭わずにテストしてみる事だ。軽く投げてみて、ぎりぎりでターンする強さに調整する。フライの空気抵抗が大きかったり、風の強い時にはロッドを少し引き戻すように操作してやればいい。送り込めばその分だけスラックが得られるというわけだ。市販のテーパーリーダーを使えばかなり長いシステムになるし、バットから細くしてしまえばそれほど長くなくても同様の効果が得られる。


6

タックルの進歩か、情報と技術の平均化のおかげなのか、近頃ではキャスティングも昔ほど苦労せずに体得する事が出来るようになった。しかし、せっかくの技術を
実戦に生かしきれていない人もまた多いようだ。練習と言えばフルラインを投げ切る事が一つの目標みたいになっているようだが、本当にそれでいいのだろうか?たしかにキャスティングのメカニズムを理解すれば、結果として遠くへ投げられるという図式はあるとおもうけれど、それが魚を釣るために必要な技術の全てではない。タイトループで被さった枝をかわしたり、カーブキャストで早い流れをまたいで流したりといったテクニックも同じように重要な技術だし、それに何よりも大事なのは魚の居る場所を見極めて、流れに応じたラインの置き方が出来る事だと思う。川で難しい状況に出会ったら少しだけ時間をさいて練習してみてほしい。


7

プレゼンテーションは可能な限りスローでソフトなほうがいい。魚をスプークさせない事。こちらの存在に気づかれないあいだは何度でもチャンスはあるのだから。そしてプレゼンテーションと同じくらい大切なのがピックアップである。ミスキャストしてもあわててはいけない。フライが完全にフィーディングレーンから外れた場所にくるまで待ってから、静かにピックアップする。プールや堰堤では思っている以上に手前の浅瀬や流れの無い場所に大物が定位している。投げる場所と同時にピックアップする場所もあらかじめ計算しておきたいところである。


8

どうしても下流からでは攻められないポイントというものがある。浮き石の下や大岩のぶっつけ等、大物が潜むけれど案外竿抜けになりやすい場所だ。上手からニンフあるいはウエットで、ドライならフラッタリングで攻めるのが常套手段になるが、魚と対面する形になるので安易には近付けない。大きく上流側に回り込んでから射程距離へストーキング。メジャリングはウインドゥをはずして行い、ポイントまでナチュラルに流すためパラシュートキャスト。リトリーブで微調整して反転流が起きるあたりの水面あるいは水中でフライを止め、震わせる。慎重にやれば昼間は出ないと思っていた場所からもいいサイズを引き出す事が出来るだろう。


9

フラットなプールでも流れは常に変化している。ゆらぎ続けるスカムラインに沿ってフライを自然にドリフトさせるのは、思った以上に難しいものだ。ティペットにスラックを入れただけでは上手くいかない事が多い。一旦レーンの少し向こうに投げてから引き戻す方法も悪くは無いが、フライの引き波がちょっと気になる。こんな時はリーダー全体でドラッグを打ち消し合う(実際には上流に向けて僅かにドラッグがかかっている状態)ようにしてやるといい。おおまかな流れに沿ったカーブキャストで、ティペットもしっかりターンさせる事。着水後、間髪を入れずに上流側にメンディングしてフライ、リーダー、ラインが出来るだけ同じ流れに乗るようにする。いずれの方法をとるにしろ、流れのヨレ(流速差)が作り出す微妙なドラッグを完璧に避けるのは難しい。ライズのタイミングを読んで短いドリフトで勝負する事。やはりこれが一番確実な方法かもしれない、、。


10

大型のニジマスは独自の捕食タイミングを持っているようで、それを予測する事がゲームの第一歩となる。あるものは5秒に1回、同じ場所に定位しながら。そして別の鱒は10秒の間隔を置いて1m上流へ移動、ライズは2回連続で、、、。動きとタイミングさえ読んでいれば後者の方が釣りやすいのは誰にでもわかるはず、あわてて移動中の鱒の頭にフライを投げてしまったりする事のないように。

1.....2.....3.....4.....5.....6.....7.....8.....9

next.......home