11

夕マズメにヒゲナガフライをフラッタリングさせてる時、フライには出るけどなかなかフッキングしないって事、よくありますよね。テンションが掛かっている時にひと呼吸間をおいて合わせるのは難しいものです。解決策は2つ。一つは出た瞬間にロッドを送り込むようにする方法。ロッドをハンマーだと思ってモグラ叩き式にやれば案外うまくいく。もう一つは合わせの瞬間に手元のラインを2〜30cmほどリリースしてやる方法。これだけでもかなりフッキングの率は上がります。

12

普段何気なく使っているティペット。釣り人の夢を繋ぎ止める糸にはいくつもの厳しい条件が求められるようです、、。ショックに強い事、締め込んだ時にもカールしにくい事、結節に強い事、しなやかで適度な腰もある事、水馴染みが良い事、等々メーカーが聞いたらええかげんにせぃ!って怒りそうな内容ですけど、市販のものでこれらの条件を高次元でクリア出来てるのはホント少ないです。案外信用出来ないのが強度表示の数値。手で引っ張ってみたらすごく強いのに、実釣してみるとさほどでもない。そんな糸が多いような気がします。また、それを使う我々釣り人の方もノットに対してそれほど気を遣っていないのが現状でしょう。細糸の出番が多いミッジングフェチのあなた、ロッドを選ぶくらいの真剣さでティペットを選びましょう。そしてノットは必ずつばをつけて、全方向から均一にゆっくり締め込み、80%のところでやめるのがコツです。


13

ウイングやテール、ハックルなんかを現場でカットして急場を凌いだという経験は誰にでもあるはず。しかし、その割りにベストにハサミやニッパーを常備している人は少ない。(例の爪切り型クリッパーも便利だけど細かい作業がやりにくい。)整形用フライの代表としてあげられるのがグリフィスナットだが、繊細なニッパーが1本あればニンフ、イマージャー、スピナー、クリップルとかなり変身の応用範囲が広いパターンである。整形用のフライは通常のものよりハックルの量も多く、前後にCDCをつけておく事。本来の用途であるクラスターパターンとして使う時はハックル全体をスパースに間引くのを忘れないように。

14

滝つぼや堰堤など、大場所には確かに大物が居る確率が高い。しかし、誰もが攻める絶好のポイントからすんなり姿を現わすなんて事はめったにない。流芯の際や白泡の切れ目に居ないとしたら、、、?ティペットを点検する間、遠くから少し観察してみる事だ。運が良ければ壁際をクルージングしている姿が見えるかもしれないし、うんと手前の浅瀬や流れ出しの肩、水が止まっているように見える枯れ谷との合流点など、ちょっと考えてみると怪しいスポットは沢山あるはず。いきなり近づいてびゅんびゅんフォルスキャストを繰り返してるあなた、相手は足元からすっ飛んで逃げるか、とっくに深みに沈んでしまってますよ〜。


15

むやみにフォルスキャストをしないのも大事だけど、フライの水分を飛ばしたり本来の目的であるメジャリングやコントロールを絞るためには最低限の回数は必要ですよね。そこで魚を脅かさない為にも覚えて欲しいのが、「ちょこっとシュート」的なテクニック。シュートの距離はほんの1〜2mもあれば充分。だけどその効果はなかなかのもんです。ラインは魚の上を通らずに、しかも同一方向に振ってるわけだから狙いは正確だし、ターンオーバー自体も慣れれば調整できるようになる。アップクロスで釣るのにこれほど便利なテクもありません。普段意識しないで使っている人もいると思うけど、意識してコントロール出来るようにするのが上達への近道です。短い距離でもきっちりホールを効かせてラインを延ばし、左手のリリースでターンを調整する、、。試してみてください。

16

魚はフロータントの臭いにまで反応するのか、、?臭いに拒否反応を起こすかどうかは分らないけれど、石油系の溌水剤の場合水面に油膜を張るものがあって、ちょっと気になりますね。流速のある場所ならいいけれど、フラットな水面ではそれほど浮力を必要としないはず。CDCやスノーシュー、エルクなどを使ったパターンならフロータント無しでも充分使えます。むしろ沈める部分に水面を破りやすいマテリアルを持ってくるとか、ワイヤーを太くする等の工夫があってもいいはずです。

17

ショートロッドが近頃流行りだそうですが、やはり薮沢目的の人が増えているのかな、、。確かにロッドが短いとコントロールはしやすくなるし、上が被さっている場所でもサイドキャストでトラブルが少なく出来る。某メーカーの製品などはブッシュマスターと銘打って専用ロッドみたいな売り方をしているあたり、なかなかの商売上手ではありますね。しかし、短いロッド=薮沢みたいな考え方はどうなんでしょう?もともとフライフィッシングというのは、そのシステムからして長くて太いフライラインをいかにコントロールして魚を釣るかというのが本意のはず。ぜひ本流でも使ってみてください。これまで長いロッドを立てるだけでクリア出来ていた流れでも、立ち位置やラインの落とす場所、メンディングをきっちりしないと全くと言っていいほど釣りにならないのが分ってもらえると思います。そう、ショートロッドはトレーニングに最適なんです。で、実戦には使えないのかって?その答えはもう随分昔にリーウルフが出しているようですね。

18

魚は居るけどドライに反応しない。C&Rの釣り場が増えてこんな声を聞く事も多くなりましたね。こんな時、ルースニングにしろサイトにしろ水面下の釣りに切り替える人がほとんどだと思うのですが、リーダーシステムはどうなんでしょう?鱒の捕食ゾーンまで素早く的確にニンフやイマージャーを届けるには、流れの早さ、強さに合ったウエイトが必要になってきます。その際、最も大きな抵抗を受けるのがティペット。ここが細ければそれだけ早く沈み、不自然な動きの元になるショットも小さいもので済み、しかも食い込みも良くなるわけです。空気抵抗が小さくて重いニンフは、広くゆったりしたループを作ってやると自重でターンを助けます。全体を細く、スローテーパーなリーダーシステムにする事の利点は言うまでもないはず。より小さなマーカーが使える事も、水面直下を狙う場合には大きなメリットとなります。目的の為に少しだけ時間を割く余裕を、、、。


19

山岳渓流や支流域でのフリーストーンの釣りでは、それほど長い距離をドリフトさせる必要も無いため、キャスティングに要求されるのはいかに狙った所へフライを落とせるかというピンスポットのコントロール精度である。垂れ下がった枝の下を抜いたり、沈み石の際に出来る反転流に確実にフライを落とすには12〜3ydsの距離でいかにループを絞って狙いを定めるかが問題になる。解決策はベリーの下がらないタイトループを作る事。(これは必ずしも早いラインスピードを意味するわけではない。)短い距離でスラックの入らない一番簡単な方法は、タイミングを早めにとってターンする前に逆方向へ振り出してやればいい。オーバーターンを起こさないようにループ幅とスピードに注意が必要だが、慣れればバックを短くして障害物を避けたりするのも簡単に出来るようになる。ロングキャストの弊害でしかないこの方法が近距離では有利に働く事もある、、覚えておいて損はないと思う。


20

近頃ではオフシーズンの方が活発に釣りに行くという人も珍しくないようですが、
エリアでの数釣りのコツをひとつ。好き嫌いは別にして、なんと言っても一番効くのがエッグパターンですね。僕が良く使うのは夜光テープを使ってスカッド風に巻いたものだけど、用途によって3種類に別れています。先ず1つ目はショットと組み合わせて使うノーウエイトタイプ。スレ鱒が反転すると水流で踊るようにショットとの距離をちょっと長めにとってやります。ベストサイズは#18。2つ目は着底させて待ち伏せ釣りに使うタイプで、釣り場の状況にもよりますが(底が小砂利の時は埋没しない程度の大きさが必要になります)ボリュームを持たせたシルエットに極小のウエイト入り。サイズは#14くらいが適当で、底を取るためにショットと組み合わせて使いますが、アタリが出にくいのでサイト専用と考えたほうが良いかもしれません。3つ目はウエイト入りで、ペレットの沈下速度に反応するのを狙ったものです。こちらは#20が定番サイズ。リーダーに中空素材を使うと、より視認性が高く微妙なアタリも取りやすくなります。

1.....2.....3.....4.....5.....6.....7.....8.....9

next.....back.....home